プログラマーならば、これだけは守れ!


by w4b0h9lcmj
 交際していた女性に嫌がらせのメールを送ったなどとしてストーカー規制法違反と脅迫罪に問われた大手化粧品会社「ノエビア」=神戸市=元副社長、大倉尚被告(43)の初公判が19日、神戸地裁(三宅康弘裁判官)であった。大倉被告側は「起訴状ではメールを送った目的が明確にされていない」として認否を留保した。

 起訴状などでは、大倉被告は交際していた20歳代女性から別れを告げられたことに立腹。女性が結婚後の昨年10月2〜5日ごろ、女性に「あんたの悪事を暴くよ」などのメール約50通を送ったほか、昨年10〜11月、女性の夫にも嫌がらせのメール約60通を送ったとしている。

 大倉被告は同社副社長のほか、子会社の常盤薬品工業(大阪市)の社長を務めていたが、今年2月逮捕され、辞任した。【重石岳史】

【関連ニュース】
防犯教室:痴漢、ストーカー対処法 署員が生徒に護身術伝授−−四国中央 /愛媛
清水署警部補の情報漏えい:容疑で書類送検の警部補、不起訴 /静岡
県警:「安全対策係」発足、出陣式 子供と女性、安心して暮らせる町を /千葉
徳島市:不祥事防止対策会議を設置 /徳島
ストーカー規制法違反:容疑で予備校経営者逮捕−−松江署 /島根

JR北海道でも無賃乗車=関連会社6人を諭旨解雇(時事通信)
<ウナギ>稚魚の漁獲量激減 中国、台湾も 土用の丑ピンチ(毎日新聞)
学校に落語家ら派遣=子どもの対話力向上図る−文科省(時事通信)
元秘書有罪「責任感じる」=資料提出は消極姿勢−鳩山首相(時事通信)
介護職員のたん吸引など実施へ法案提出―来年の通常国会に(医療介護CBニュース)
[PR]
# by w4b0h9lcmj | 2010-04-26 19:24
 ぜんそく治療中の患者の半数以上で、症状が週に1回以上あるなどの「コントロール不十分」であることが、アストラゼネカの調べで分かった。また、ぜんそくの基本病態である「気道の炎症」や「気道過敏性」について、医師の説明と患者の認識の間にギャップがあった。

 調査は昨年7-10月に実施。医師とその医師が診療している患者(新患を含む)にそれぞれ調査票を配布して、郵送で回収した。患者2万4150人、医師4766人を有効回答として分析した。

 それによると、患者のぜんそく症状の管理について、▽ぜんそく症状が週に1回以上ある▽発作治療薬SABAを週に1回以上服用している▽朝起きた時のぜんそく症状がしばらく治まらない―のいずれかに該当する「コントロール不十分」の割合が52%、いずれにも当てはまらない「良好」が48%だった。

 使い続けることで気管支の炎症を弱め、発作を防ぐとされている吸入ステロイドを処方されている患者は全体の86.0%。その服薬状況は、「100%守っている」47.0%、「まれに忘れることがある」19.3%、「時々忘れることがある」25.4%、「あまり守っていない」8.3%だった。

 さらに、ぜんそくの病態に関する説明状況について医師に聞いたところ、「説明はしていない」は1.8%にとどまり、「必ず説明している」54.9%と「説明するようにしている」43.3%で大半を占めた。
 一方、患者に聞くと、「説明してくれた」が75.5%で最も多かったものの、「説明してくれなかった」「覚えていない」も、それぞれ5.8%と18.7%あった。

 また、病態の説明内容として、「気道の炎症が原因」とした医師が90.1%なのに対し、患者の認識は44.3%にとどまった。また、「気道が過敏になるのが原因」についても、医師75.2%に対し、患者44.1%だった。このほか、「気管支が狭くなる病気」は医師83.4%、患者84.6%、「ダニやほこりが原因で発作が起こる病気」は医師52.4%、患者56.1%だった。

 医師の属性は、「診療所・医院・クリニック」が91.3%で最も多く、「大学病院以外の病院」は8.6%、「大学病院」は0.1%だった。


【関連記事】
昨年の全世界売り上げ7%増―アストラゼネカ
新製品のぜんそく治療薬で競合品との差別化に自信―アストラゼネカなど
国内医療用薬4.3%の増収―アステラス
「ぜんそく治療薬の新たな選択肢」発売へ―アステラス、アストラゼネカ
「ぜんそく死ゼロ」目指すガイドライン―日本アレルギー学会

<空自>スクランブル299回 09年度(毎日新聞)
首長ら「日本創新党」旗揚げ=党首に山田杉並区長、参院選5議席目指す(時事通信)
弁護側の精神鑑定申請を却下=小1女児殺害差し戻し審−広島高裁(時事通信)
<若年性パーキンソン病>異常ミトコンドリア蓄積が原因(毎日新聞)
<将棋>羽生リード広げるか、三浦反撃なるか…名人戦第2局(毎日新聞)
[PR]
# by w4b0h9lcmj | 2010-04-22 14:52
 堺市で1歳7カ月の男児が変死した事件で、大阪府警は15日未明、腹部を押さえつけて男児に重傷を負わせたとして、母親(21)の内縁の夫で無職、古田島昂志(こたじま・たかし)容疑者(23)=堺市堺区中向陽町1丁=を、傷害の疑いで逮捕した。「泣きやまないので腹が立ち、全体重をかけ、両手で腹部を押し込んだ」と認めているという。府警は15日午後の司法解剖などで、古田島容疑者の暴行と死亡との因果関係を調べ、傷害致死か殺人容疑の立件も検討する。

 逮捕容疑は今月13日午後6時から14日午前5時までの間、自宅マンションの一室で、泣きやまない岩本隆雅(りゅうが)ちゃんの腹部を力を込めて両手で押さえつけ、腹腔(ふくくう)内出血などの重傷を負わせた、としている。

<日本本土初空襲>忘れず語り継ぐ…東京荒川区・尾久の住民(毎日新聞)
<舛添氏>次の一手は? 新党構想、援軍なく(毎日新聞)
阪神高速でトラック横転(産経新聞)
心肺停止の男性死亡=都営バスに追突−東京(時事通信)
NPOなど先遣隊派遣=相次ぐ医療支援の動き−中国青海省地震で(時事通信)
[PR]
# by w4b0h9lcmj | 2010-04-20 06:48
 8日午後3時7分頃、東武東上線鶴瀬駅で人身事故が発生した。

 この影響で、同線は志木―小川町駅間の上下線で運転を見合わせており、池袋―志木駅間で折り返し運転を行っている。

<黄元書記>「拉致知らなかった」「元党幹部として反省」(毎日新聞)
<広島女児殺害>父親極刑求める 差し戻し控訴審(毎日新聞)
【私も言いたい】子ども手当「必要ない」8割超す(産経新聞)
夜行バスでストッキング下げ… 強制わいせつ容疑で東京消防庁職員逮捕(産経新聞)
<平城宮跡>第1次大極殿ライトアップ 古都の夜空照らす(毎日新聞)
[PR]
# by w4b0h9lcmj | 2010-04-13 14:18
 米軍旧立川基地(東京都立川市)にデモ隊らが侵入して逮捕された砂川事件を巡り、米軍駐留は違憲とし、無罪を言い渡した1審・東京地裁判決(1959年3月)の直後に当時の外相と駐日米大使が接触していたことを示す記録を、外務省が情報公開請求していた元被告らに開示したことが3日分かった。

 同様の記録は米国立公文書館で発見されていたが、同省はこれまで「記録がない」としていた。

 請求していたのは、元被告の坂田茂さん(80)(川崎市中原区)と支援者ら計約40人。関係者によると、開示されたのは59年4月1日の外相の会談記録で、約35枚。速記による文書で、詳しい内容について今後、解読を進める。

 同事件を巡っては、当時のマッカーサー大使が藤山愛一郎外相と会談し、訴訟が長引けば混乱が拡大するとして、控訴を経ずに最高裁に直接、跳躍上告すべきと進言したとする米側の記録を、日米関係研究者が2008年に見つけている。

郵政ドタバタ「限度額見直せる」で仙谷氏軟化(読売新聞)
民主の介護議連が設立総会(医療介護CBニュース)
小沢氏、共同資産不記載 土地とホテル 公表義務に抵触も(産経新聞)
点検担当者2人を不起訴に=13人負傷コースター事故−福岡地検支部(時事通信)
谷垣氏、退陣か解散要求(産経新聞)
[PR]
# by w4b0h9lcmj | 2010-04-08 15:37