プログラマーならば、これだけは守れ!


by w4b0h9lcmj

<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 前原誠司国土交通相は2日の閣議後記者会見で、同省が来年度に予定する高速道路無料化の社会実験について、交通量の少ない地方を中心に37路線50区間を対象とすると発表した。無料化区間の合計距離は1626キロで、首都高速や阪神高速を除いた高速道路総延長の約18%に当たる。実験開始日は、料金システム改修などの準備状況を考慮しながら決めるとしている。
 具体的な無料化路線は、道東道(北海道横断道)、日本海東北道(日本海沿岸東北道)、舞鶴若狭道(近畿道敦賀線)、山陰道、東九州道、沖縄道など。多くは路線中の一部区間が対象で、1路線の中の複数の区間で実施される場合もある。無料化は全車種が対象で、自動料金収受システム(ETC)を搭載していない現金利用者も含まれる。
 高速道路では現在、土日祝日に普通車以下のETC搭載車の料金を「上限1000円」とする割引を実施中。無料化の対象区間は、それによる渋滞の発生状況などを考慮して選定した。新たな渋滞発生や他の公共交通への悪影響を避けるため、首都高速や阪神高速、本州四国連絡橋のほか、東名高速、名神高速など、大都市間を結ぶ主要幹線は対象外とした。 

和辻哲郎文化賞に今橋、互の2氏(時事通信)
【from Editor】「さようなら」の潔さ(産経新聞)
<不正アクセス>前の会社のデータ改ざん 容疑で男を逮捕(毎日新聞)
<小沢一郎氏>「公正な捜査の結果」(毎日新聞)
「坂の上の雲」英訳本刊行へ 全4巻2年後めど(産経新聞)
[PR]
by w4b0h9lcmj | 2010-02-05 18:08
by w4b0h9lcmj | 2010-02-04 18:12
 愛媛県警松山東署は28日、同県松山市内の高校3年の男子生徒(18)を道交法違反(無免許運転)容疑で逮捕した。

 発表では、男子生徒は同日午前、同市三番町から約6キロ離れた自宅まで、父親の普通乗用車を運転した疑い。午前10時頃、三番町の市道交差点で一時停止違反をしたとして巡回中の同署員に停止を求められたが逃走。約15分後、同市勝山町の交差点で信号待ちをしていた車3台に接触し、そのまま逃げた。接触された車には各1人が乗っていたが、けがはなかった。

 調べに対し、男子生徒は「警察に捕まると免許が取れなくなると思って逃げた」と供述しているという。

<訃報>永田法順さん74歳=最後の琵琶盲僧(毎日新聞)
殺害準備の過程を詳細に書き込み「準備完了」(産経新聞)
<保険金横領容疑>元郵便局長を逮捕 静岡県警(毎日新聞)
殺害準備の過程を詳細に書き込み「準備完了」(産経新聞)
「子の奪取」条約加盟を要請=外相「国内法整備が必要」−米英大使ら(時事通信)
[PR]
by w4b0h9lcmj | 2010-02-03 18:28
 山口市の文化施設「菜香亭」で、明治時代に使っていたふすまの下張りから伊藤博文が食事をした際のメニューなどを記した和紙が見つかり、「料亭菜香亭の建具展」で公開している。展示は31日まで。
 菜香亭を運営するNPO法人「歴史の町山口を甦(よみがえ)らせる会」によると、メニューが書かれていたのは明治時代の台帳でふすまの下張りに利用されていた。「ブドウ酒コツプ」「あわびうま煮」などと筆で書かれており、伊藤博文が立憲政友会結党の全国遊説中で訪れた際のパーティーのメニューとみられるという。
 職員の藤村成生さんは「明治時代の料亭でどんなものを食べていたかが分かる資料。ぜひ多くの人に見に来ていただきたい」と話している。
 「菜香亭」は明治初めに山口市で開業し、政官財界の有力者らが利用したが、1996年に閉店。その後、市が建物を買い取り文化施設として移築した。大広間には料亭の命名者だった井上馨、山県有朋、木戸孝允ら県出身の明治の元勲のほか田中角栄、竹下登の両元首相らが揮毫(きごう)した扁額が飾られている。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕市街にうなぎ料理が大集合=浜松商工会議所がイベント
〔地域の情報〕近江の味を楽しめる企画列車を運行=近江鉄道
〔地域の情報〕丹波篠山で磁器作り、参加者募集中
〔地域の情報〕3月にバーサーロペット・ジャパン開催=旭川
〔地域の情報〕伝統ウォームビス「ねこ」で仕事=長野県

自民、外国人参政権など地方議会で反対指示へ(産経新聞)
<可視化研究会>2月5日始動 捜査手法2年かけ検討(毎日新聞)
平均時速50キロが限界? =人類が走る最高速度−足の接地時間が制約・米大学(時事通信)
大阪・堺で2人組タクシー強盗(産経新聞)
子ども手当満額困難に=峰崎財務副大臣も表明−11年度以降(時事通信)
[PR]
by w4b0h9lcmj | 2010-02-02 21:51
 成田国際空港で1月31日、ニュージーランド航空90便(ボーイング777−200型、乗客・乗員309人)が離陸直前に滑走を中止したトラブルで、国土交通省成田空港事務所は1日、操縦かんの動きが鈍くなったため、パイロットが停止を決断したと発表した。同機は31日午後7時6分ごろA滑走路(4000メートル)から滑走を開始。副操縦士側の操縦かんに異常が発生し、作動していない自動操縦装置の解除を示すメッセージが表示され、警報音も鳴ったという。【山田泰正】

【関連ニュース】
航空トラブル:NZ機が離陸滑走中に急停止し煙 成田空港
航空トラブル:離陸滑走急停止、タイヤから発煙−−成田でNZ機
世界の雑記帳:エコノミークラスに「ベッド」導入、NZ航空が長距離便で

昨年9月に暴行把握=区側に歯科医連絡−東京・江戸川の小1男児死亡(時事通信)
元郵便局長を横領容疑で逮捕=客の保険金など8億円か−静岡県警(時事通信)
作家・佐々木譲 東京が舞台では書けなかった(産経新聞)
<都城市長選>長峯誠氏が再選(毎日新聞)
<賠償訴訟>被告所持品の返還拒否は違法 東京地裁判決(毎日新聞)
[PR]
by w4b0h9lcmj | 2010-02-01 21:29